プレゼンテーションとビジネスマン

このページでは、プレゼンテーションとビジネスマンの関わりとプレゼンテーションの戦略・戦術の必要性を説明しています。

プレゼンテーションとビジネスマン

sponsored link

プレゼンテーションは、ビジネスマンにとって仕事を獲得するための戦場にたとえることができます。勝てば仕事を獲得でき、あなたの会社の信用も増し、あなた自身の出世につながるかもしれません。しかしプレゼンテーションに敗れれば、会社とあなたは信用を失い、利益を得ることができないばかりか、大きな損失を被ることになるでしょう。そんなことにならないためにも、我々はこのプレゼンテーション戦には絶対に勝利しなければならないのです。それでは、プレゼンテーション戦で勝つためにはどうすればよいのでしょうか?その答えのヒントは、これまで戦って敗れたプレゼンテーションに隠されているはずです。負けた原因についてはいろいろと思い当たることもあるでしょう?噛んでしまい上手く話すことができなかった。一生懸命、プレゼンしたつもりだが聴衆の中に眠りこけている人がいて話が伝わっていなかった、など様々あるのではないでしょうか。しかし、最大の原因は戦略と戦術が不足していることにあるはずです。プレゼンテーションで相手に勝つためには周到な戦略と戦術が必要なのです。


プレゼンテーションとは

プレゼンテーションとはいったい何でしょうか?ハウツー本の多くには説明と説得の技術などと著されていますが、単なる説明と説得だけでプレゼンテーションで勝つことはできません。単なる説明と説得だけで相手の心を動かすことは難しいのです。つまり、プレゼンテーションとは戦略に従い、相手の心を決断や行動に導くことなのです。

プレゼンテーションの流れ

sponsored link

プレゼンテーションは戦略立案、準備、練習、そして本番のながれで進んでいきます。まずは、プレゼンテーションの目的と目標をしっかり立て、成功の定義を定めます。(できれば、フォーマットを定めプレゼンテーションの目的、目標、成功の定義、反省点などをを書き込んでおくと良いと思います。)それができたら、戦略に沿った資料をつくるために情報を収集します。この場合も常に聞き手の視点を意識して資料を作るようにしてください。資料ができたら同僚や上司を相手に何度も練習することです。どんなプレゼンテーションも流れは戦略立案、準備、練習の単純な流れです。あとは流れの中に戦略に応じた戦術をちりばめ、聞き手がグッと感動するプレゼンテーションを実施してください。