プレゼンテーションとプレゼンター俳優

このページでは、プレゼンター俳優になるためにはどうするかを解説しています。

聞き手の興味を集める

sponsored link

上手い俳優は立っているだけで様になり、聴衆の関心を集められますが、どこの馬の骨かも分からない男がプレゼンテーションを始める前の聞き手は、「早く終わってくんねぇかな」、「30分我慢するか」、「どうでもいいや」思っている人が必ずいるはずです。この状態から聞き手の興味を集めプレゼンテーションを始めるわけですから大変です。 プレゼンテーションにおける聞き手の特徴 @ 聴衆は自分に関係のない内容には興味を示してくれません。 A 聞き手には集中力にかける人とてもが多いです。(プレゼンテーションの良し悪しによりますが) B 自分自身の損得に関わることになると興味を示します。 C 自分自身の関わる話題には興味を示します。いかがでしょうか。プレゼンテーションや人前で話すことを経験したことのあるかたらなら、ひとつやふたつ思い当たることがあるのではないでしょうか?つまりパワーポイントやキーノートで見栄えのするプレゼンテーション資料を作ったとしても、相手の望んでいることが盛り込まれていなければ、聞き手の関心を引くことは難しいと思います。


演技が上手くいかないと感じたら

聞き手に話が伝わっていないようでマズイと感じたときは @ 簡単な内容を難しい言葉で説明していないか? A 途中、調子に乗り思いつきで脈絡のない話をしていないか? B 説明の順序を間違えていないか? C 自分自身、説明している内容を理解しているか? D 肝心なことを話すのを忘れていないか? E プレゼンテーションする目的を確認しましたか? 以上の6項目意識することで、かなり聞き手をその気にさせることができるはずです。

プレゼンター俳優

sponsored link

私は以下の3つができればプレゼンター俳優として合格だと思います。 @聞き手の視線を集め、飽きさせない。 A聞き手を取り込み、会場全体をまとめることができる。 B雰囲気を仕切ることで、緊張感を高めたり、弛緩させたりすることができる。 また、俳優の仕事内容とは
職業俳優の業務は、商業的に観衆に対する一般公開を目的とした劇作品を製作するために、その脚本(シナリオ)にもとづき、プロデューサー、演出家、監督などの指導・指示のもと、共演者や製作スタッフらと協力して、その上演ないし撮影にあたって、与えられたキャスト(配役)を演ずることにある。単に「本番」の演技をこなすだけではなく充実した演技を行うために、その過程として、通常は役作りの上、打合せ、稽古、リハーサルなどを繰り返すといった膨大な下準備をともなう。 また、政治活動に参加する俳優も存在するが伝統的に日本の俳優は将来の仕事の幅や、一部の消費者離れを恐れて政治色をあまり出さない傾向にある。 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)